日本独自の食文化ヤバうまい! 多くの人が知らない「すぼ」が激ウマ

商品紹介

伝説の「すぼ」が激ウマ

日本には独自の食文化があります。そして、日本の地訪日地方独自の食文化もあります。なかには同じ日本人でも「日本人の理解を超えたグルメ」もあります。そのひとつが「すぼ」。一部地域のスーパーマーケットやコンビニで買うことができるのですが、皆さんは「すぼ」をご存じでしょうか。

ストローを一本一本むいて食べる「スボ」

これ、「すぼ」「スボ」「えそすぼ」などの名称で各メーカーから販売されています。特に長崎県内の一部のスーパーマーケットやコンビニで販売されていて、佐世保市や平戸市が「すぼ」の聖地として知られています。



「すぼ」をかじるように食べていく

「すぼ」はカマボコをストローで巻いたフードで、ストローを一本一本むいてカマボコを出し、かじるように食べていきます。遥かなる昔、ストローではなく藁を巻いていたとの伝説もありますが、現在はストローを巻き、製造工程上で形状を保っているようです。このカマボコの材料としてエソやアジが使われています。

麺状にして食べている人もいる

ストローを「すぼ」に刺して、ニュルニュルとストローの穴から「すぼ」を取り出し、麺状にして食べている人もいるのだとか。気になる人は「すぼ」を長崎県内のスーパーマーケットやコンビニでゲットしてみてはいかがでしようか。

タイトルとURLをコピーしました