我慢できずニューヨークのマクドナルド行ったぞ! うまいバーガー4選

フードレポート


ニューヨークのマクドナルドに行く

日本ではマクドナルドが「N.Y.バーガーズ」と題して「肉厚ビーフバーガー ペッパー&チーズ」と「グリルチキンバーガー ソルト&レモン」を販売し、かなり高い評価を得ていますよね。実際に食べましたが、確かに美味。ハード系のバンズが肉感ある具にマッチしてて美味でした。

ニューヨークに行った気になるハンバーガとしてアピールしているマクドナルドの「N.Y.バーガーズ」ですが、実際のところ、ニューヨークのマクドナルドはどんなものが売られている(売られていた)のでしょうか。

ということで「我慢できない! 本場のマクドナルドのハンバーガーが食べたい!」と思ってニューヨークに行ったとき食べたマクドナルドのハンバーガーをご紹介します。

Egg White Delight McMuffinうまい!

これ、めちゃくちゃウマイですよ。玉子焼きがサンドされているのですが、卵黄は不使用。完全に卵白だけの目玉がない目玉焼き! そこにカナダ産のカリカリでジューシーなベーコンとホワイトチェダーチーズをサンド。

しかもマフィンの生地は全粒穀物。食べれば食べるほど、旨味を強く感じていく気がします。力強いコクと香ばしさ全開です!!




Steak, Egg & Cheese Bagelうまい!

これもチョーうまい! ハンバーグ的なパティではなく、完全なるステーキパティ。つまりステーキそのもの。そこにふわっふわに仕上げた卵と、トロトロのアメリカンチーズがサンドされています。タマネギのアクセントも良き。

なにより注目すべきは、激ウマなバターで焼いたベーグルの存在でしょう。ステーキとバターのダブルアタックは最高レベルマックス!!



Bacon Buffalo Ranch McChickenうまい!

大きめにカットされた鶏肉をカリカリサクサクにカラッと揚げたフライドチキン。そこにベーコンとレタスをサンドしたら、間違いなくおいしい。事実、これ、おいしい。フライドチキンの揚げ油、チキン由来の油、そしてベーコンの脂、すべてがジューシーでしつこくなく、激しくうまい!

オイリーな印象を受けますが、バンズがオイリーさを軽減させ、むしろ脂との融合で旨味が増しているようにも思えます。た、ま、ら、な、い!




マックリブうまい!

細長いバンズにサンドされたポークパティはビーフにも負けない旨味を埋蔵しています! なにより肉厚! びっくりするぐらい極厚! そこにガッツリとソースがかかってて、どこから食べてもガツンとくる超濃厚テイスト。

日本のマクドナルドでもマックリブを復活させてほしいところ。そう、かつては日本でも売られていて、人気を博していたのです。これからのマクドナルドにも期待です!


ガジェット通信、ロケットニュース24、Pouchの初代編集長で創設者。TVチャンピオン「焼肉王選手権」「デカ盛り王選手権」に出場しどちらも準優勝。日清公認のどん兵衛士、どん兵衛とラーメン二郎要素を融合させた「どん二郎」等を考案。空条海苔助の名義で「世にも微妙なグルメレストラン」「彦龍のノリヒコさん」出版。「月曜から夜ふかし」出演。昭和的な「個人経営の焼肉屋」をめぐる旅をする焼肉マニア。
Twitter https://twitter.com/kudo_pon

クドウ@食べ歩きをフォローする
フードレポート
コンビニ通信
タイトルとURLをコピーしました