飛ぶぞ! 最近食べて激ウマだったコンビニ麺類3選

商品ランキング


最近食べて激ウマだったコンビニ麺類3選

ラーメンっていいよな。うどんもいいよな。冷やし中華もいいよな。麺類っていいよな。すっげー細い麺が束になってる不思議な料理。よく考えたら奇妙でもある。でも食べれば最高。国は変わっても、麺類はどの国にもある。それほど人類は麺類が好き。

今回は、「最近食べて激ウマだったコンビニ麺類3選」と題して、2022年3月に実際に食べておいしいと感じた麺類を紹介していきたいと思う。

1. セブンイレブン「千とせ本店監修 浪花の肉うどん」
セブンイレブンの「千とせ本店監修 浪花の肉うどん」の何が凄いかって、実際に「千とせ 本店」で食べたことあるんだけど、ほぼ似たような味なんだよね。

同じに近い。まったく同じじゃないけど、ほぼ同じ。ほぼ同一視していいくらい同じ。つまりドッペルゲンガーなんよ。



2. セブンイレブンの「6種具材を楽しむ冷し中華」
セブンイレブンの「6種具材を楽しむ冷し中華」は、具だくさん。これけっこう重要。

確かに冷やし中華は麺と爽やかな汁だけでも成立するよ? 確かに、それだけでも美味。だけど、卵だの、チャーシューだの、キュウリだの、紅生姜だの、そういうゴチャッとしたたくさんの具が麺とともに味覚を訪れるのも、冷やし中華の魅力だと思うんだ。



3. セブンイレブンの「熊本天外天監修にんにく豚骨ラーメン」
「天外天」のおいしさのポイントはいくつもあるが、特にニンニクの存在は大きい。ニンニクチップによってニンニク特有の「ほのかな辛味」とディープな香ばしさが豚骨スープと麺にマッチ。すすればすするほど、どんどん「もっと食べたくなる」不思議なラーメンだ。

大きめのチャーシューが2枚も盛られているのがうれしい。スライス肉なので、チャーシューで麺を包むように箸でつまみ、ズズッとすする。微細で上品な甘さがチャーシューから溢れ出し、これもまた、麺のおいしさを盛り上げる。



タイトルとURLをコピーしました