ファミマが江戸幕府の時代から続く榮太樓總本鋪監修「あんこと黒蜜のシュークリーム」を発売

商品紹介

ファミリーマートはなんでも揃う便利なコンビニですが、人それぞれ「ランチを買いに行くところ」「SAKEを買いに行くところ」「ジャンプを買いに行くところ」などのイメージがあるものです。きっと「スイーツを買いに行くところ!」という人もいることでしょう。

ファミリーマートのスイーツは極めてレベルが高く、スイーツ専門店に劣らない本格っぽさが人気の秘密。ファミリーマートか新たに発売した「榮太樓總本鋪監修 あんこと黒蜜のシュークリーム」を食べれば、ファミマ=スイーツというイメージがより強くなるかもしれません。

榮太樓總本鋪といえば、1818年創業の江戸時代から続く和菓子専門店の老舗。つまり、その時代から受け継がれてきた和スイーツの技術により生まれたシュークリームということですよ。これ、普通なら実現難しいですよ。ファミマだからこそできたコンビニスイーツといえるでしょう。






実際に購入して食べてみたのですが、シューは硬すぎず、柔らかすぎず、でも世間一般のシュークリームと比べればやや硬め寄り。生地に弾力があって、生地で心地良い「はごたえ」を感じるほど。見た目はシンプルなシュークリーム生地でも、なかなか珍しいタイプの生地です。

気になるそのテイストですが、予想をはるかに上回るクリームのフワッフワ感。作り立てのような、超なめらかでフワッフワのクリームが、ズッシリと濃厚濃密で濃縮されたかのようなあんことシンクロして、それぞれの甘さを味覚に伝えます。まさに甘美。優美。そして耽美。たまりません。

ファミマが江戸幕府の時代から続く榮太樓總本鋪監修「あんこと黒蜜のシュークリーム」を発売 https://conveni.getnews.jp/2021/08/03/family-mart-anko-black-honey-cream-puffs/

タイトルとURLをコピーしました